ちりめんジワができてしまう前に!原因と予防方法を紹介

投稿日:

今まで気づかなかったのに、鏡でよく見たら目元や口元に小さなシワが……!!ということってありますよね。

シワがあると老けて見えたり、メイクが崩れやすくなったりなどあまり良いものではありません。

ちりめんジワの原因と正しい対処法を理解し、いつまでも美肌でいる方法をご紹介していきます。

そもそもちりめんジワとは?

ちりめんジワは、表皮性のシワとも呼ばれる、皮膚のごく浅い部分にできるシワのことを言います。

皮膚は、空気に触れる面から表皮層→真皮層→皮下組織という3層に分かれており、ちりめんジワは一番外側の表皮層にできます。

特に、目元や口元などの皮膚が薄くて弱い部分に発生しやすく、年齢が若くてもできることのあるシワです。

薄く小さいシワのため、あまり気にせずに放置してしまう人もいます。

しかし、ちりめんジワを放っておくと真皮層にまで溝が深くなってしまい、化粧品では対処できないレベルに悪化してしまうことも。

ちりめんジワのうちならまだセルフケアができるので、取り返しのつかないことにならないうちに正しいケアを行っていきましょう。

ちりめんジワができる原因

ちりめんジワができてしまう原因は、大きく分けると次の3つです。

  1. 紫外線
  2. 乾燥
  3. 加齢
  4. その他肌ダメージ

このうち、「乾燥」がちりめんジワができやすくなる一番の原因と言われています。

目元や口元は皮膚が薄いため、肌の水分や潤いが逃げやすいです。そのため、目元や口元にちりめんジワができてしまう人が多いのですね。

また、紫外線も皮膚の奥にまで大きなダメージを与えます。

皮膚にメラニン色素が増えてシミやソバカスができてしまいますので、なるべく紫外線には当たらないようにしましょう。

そして、加齢は誰しも避けられないことではありますが、早め早めにケアしていくことで肌ダメージの蓄積を少なくすることができます。

その他にも、ちりめんジワの原因としてはストレス・生活習慣の乱れ・メイクの落とし忘れなどたくさんありますが、主な原因は「乾燥」であることに間違いはありません。

それでは、次の章からケア方法についてご紹介していきます。

ちりめんジワを防止するケア方法

保湿を徹底して行う

ちりめんジワを防止したいなら、まずは徹底的に保湿に力を入れるべきです。

冬場は空気が乾燥しているので保湿に気を使う方も多いと思いますが、実は春夏も肌は乾燥しやすいことをご存知ですか?

春夏は室内にいるときにエアコンをつけることがほとんどですよね。

エアコンの風はとても乾燥しているので、肌へのダメージが大きくなる傾向があります。

夏だからといって皮脂を抑えるコスメを使ったり、保湿をあまりしなかったり……これらの習慣とエアコンの乾燥が組み合わさり、冬と同じくらいカサカサに乾燥している方は多いです。

乾燥するとちりめんジワが発生しやすくなるので、表面はベタベタなのに実はカサカサといった症状が出てしまいます。

暑いからといって乾燥対策をおざなりにせず、しっかりと保湿ケアを行いましょう。

一番肌が無防備なのは洗顔直後です。

顔を洗った後はすぐに化粧水で水分を補い、乳液やクリームで肌を守りましょう。

スキンケアの成分をチェックする

スキンケアについて、以下のような事に心当たりはありませんか?

  • 若い頃から同じ化粧水を使っている
  • スキンケアアイテムは1年中変えない
  • スキンケアは好きなブランドで揃えている
  • とにかくプチプラスキンケアが好き

一つでも当てはまった方は、自分のスキンケアを少しだけ見直してみましょう。

ちりめんジワを少なくするためのスキンケアを選ぶときに見ていただきたいのが、含まれている成分です。

保湿に有効な成分としては、主に次の3つが挙げられます。

  • ヒアルロン酸
  • セラミド
  • コラーゲン

特にセラミドは肌によくなじみ優しく守ってくれるので、セラミド配合のクリームなどを追加すると保湿力がアップします。

さっぱり系や若者向けの化粧水は保湿力が少ないことがあるので、自分の肌が乾燥していないだろうか?とちょっと気をつけながら使うべきです。

スペシャルケアを取り入れる

単にスキンケアを肌に塗るだけではなく、スペシャルケアを取り入れることでさらにちりめんジワに効果的なケアができます。

化粧品は角質層に浸透しますが、余計な汚れや角質が溜まっていると成分が入らないだけでなく、くすみやシワの原因にもなる可能性があります。

週に1回程度、肌に優しいピーリングや酵素洗顔を行ってみましょう。

余計な汚れや角質を除去することで有効成分がしっかりと角質層に浸透し、ツルツルの肌が蘇ります。

ちりめんジワができやすい箇所は皮膚が薄いので、ゴシゴシこすったり時間をかけすぎたりしないように注意してください。

また、目元や口元専用のクリームを取り入れるのもおすすめです。

全顔に使うクリームは程よい保湿力ですが、目元や口元には物足りないこともあります。

そんなときは専用のコスメを使うことで、ちりめんジワをしっかり予防することができます。

まとめ

ちりめんジワをなくすには、とにかく肌の潤いを保つことが大切です。

まだ薄いシワだから……と放置せず、気づいた瞬間からケアをしていきましょう。

日々のスキンケアの積み重ねで、10年後の肌が若々しく保たれているはずですよ。

この記事がご参考になれば嬉しいです。

Copyright© エステティシャン開発のスキンケアが凄い!口コミで話題のホメオバウを実際に使ってレビュー! , 2019 All Rights Reserved.